更新情報

カテゴリー

アーカイブ

霊園・墓石のヤシロ|総合案内 神奈川県の霊園・墓地をご紹介|神奈川の霊園.com

家族葬って知っていますか?

家族葬って知っていますか?

今TVでも紹介されて注目されている小さなお葬式の事です。

料金も安いのでニーズが上がっています。

そのプランも様々です。

家族葬のさまざまなプラン

・お葬式を行わず火葬のみ
・通夜式を行わない
・家族中心の密葬

家族葬は来客が無く遺族だけのお葬式です。

何百万もかかる大きなお葬式だと遺族の負担も大きいです。小さなお葬式の場合はその費用も抑えられるので遺族の負担も少ないです。

一般的なお葬式が120万ほどかかるのに対して、小さなお葬式は50万ほどで行うことができます。

どんなお葬式にするのか生前に話合っておくのも良いかもしれません。

【ご相談はコチラ】
家族葬をお考えなら花葬儀にご相談ください

霊園・お墓の改葬について知ろう

さまざまな理由から、お墓を今の住まいの近くに移したいとお考えの方も多いとかと思います。高齢化のすすむ現在、故郷を離れて働きもう戻る予定もない、そういった場合は改葬をするという選択を迫られることもあるでしょう。ここではお墓の引っ越し、改葬の基本的な知識をご紹介します。

お墓の大きさ

まずはお墓の規模ですが、改葬前のお墓の大きさに合わせなければいけない、といった決まり事はありませんので予算に応じたお墓選びをしてください。そして元のお墓からご遺骨を取り出すときの手順として僧侶に閉魂供養を、新しいお墓に納める際には開眼供養をお願いすることになります、これにはお布施が必要になります。

そして元のお墓(ご遺骨を取り出したお墓)を更地に戻すための撤去に費用がかかります。その際の注意として、墓石に刻まれていた戒名は新しいお墓に再び彫刻されることになりますので、事前に確認しておいてください。事務的な手順としては、改葬の際に新たな霊園から「受け入れ証明」を発行してもらい、元のお墓からは「埋葬証明」を発行してもらいます。

その後、元のお墓のある市区町村で「改葬許可証明書」を記入し先の2点の証明書とともに申請を行います。受理されれば「改葬許可証」が発行されます。

霊園・お墓の改葬について知ろう

そして改葬の日が決まったら新しい霊園に「改葬許可証」を提出し、事務的な手続きは完了となります。遠方でなかなかお墓参りに行けない方、故郷から身近にお墓を移したいとお考えの方は、新しい霊園でご先祖を身近に感じられる暮らしの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

気になる費用

そろそろお墓を建てようと思ってるけど、費用はおろか細かい決まりもありそうでどこから手をつけていいやら…。ほとんどの方には一度の買い物、知識が不足しているのは仕方ありませんよね。ここでは霊園や墓石、その費用や選び方の基礎を簡単にガイドしていきます。

まず費用面ですが、大きく分けて本体の墓石の費用、土地の費用とふたつあります。一般的に墓石で使用される石は「御影石」耐久性に優れており、石目の細かさや色などがついた石ほど希少性が高く、水分を吸収しにくいため劣化しにくい特長があります。

お墓を初めてご購入する方、霊園・お墓のWEB検索はコチラから!きっと良いお墓が見つかります。

永代使用料

そしてもうひとつの費用はお墓の土地代「永代使用料」です。一度支払いすることにより、代々にわたりお墓を受け継ぎ使用する権利を取得します。広さや地価により大きな差があり都心部はやはり高額になります。そのせいか近年においては郊外にお墓を建てる選択をされる方も増えています、郊外ならば都心と同じ予算で3倍以上広い区画をもつことができるケースもあり、新たな選択肢として注目されています。

仮に郊外にお墓を建て、諸事情でなかなか時間がとれなく管理や修繕ができない場合は、お墓参り、清掃の代行サービスも存在します。健康上の理由などでお墓参りができないなどの理由などできめ細かい内容もあり需要は高まっているようです。改葬の費用などを比較し、利用するのもひとつかと思いますが、やはりご自身でお参りをしたい、という気持ちが本当の所であると思います。

そういった面も含めた長期的な展望でお墓選びをしていきたいですね。