こんなにもあるお墓の種類

お墓を建てる機会は生涯に一度あるかどうかではないでしょうか。

お墓の種類について

基本的に先祖が立ててあり、代々のお墓を持っている方で、生まれ育ったエリアに在住している方であれば、お墓を建てることを考える必要は全くと言って良いほどにありません。
しかしながら、先祖のお墓がない方の場合や、お墓がある地元を離れ、都会などで文字通り骨を埋めようと決めている方であれば、いざという時のためにお墓についての知識を把握しておくことが重要ではないでしょうか。
特に結婚をしている場合には、こちらの家族は大丈夫でも、相手方の家庭がどのようになっているのかを確かめておきたいところでしょう。
まずお墓の種類を覚えておきましょう。
ざっと挙げると個人墓、寿陵墓、比翼墓、会社墓や団体墓。
他にも両家墓や永代供養墓、納骨堂などが挙げられます。
昔ながらのお墓といえば○○家之墓などを墓石に刻まれているような個人墓になります。
しかしながら、都会などの土地スペースが少ないようなところでは、費用コストもスペースも少ないことから、かなり減少をしている状況であり、逆に永代供養墓や納骨堂といったものが主流になりつつありますから覚えておきましょう。
他にも会員制共同墓といったものも存在しており、特に生涯独身を貫き、お墓のお世話をしてくれる方が存在しない方や、お子さんなどがいても、墓守などの負担を掛けたくないといったような方を中心に会員制共同墓を選択する方が増加している傾向です。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »