永代供養墓って何?

近年利用されているのは、自身がお墓を建てるといったものではなく、各霊園や寺院などに用意されている永代供養墓というタイプのお墓に入ることでしょう。

永代供養墓

永代供養墓とは、墓守がいなくても、代わりにお寺や霊園などが供養や管理をしてくれるといったタイプのお墓になります。
一般的なお墓の場合には、先祖や親族といった所謂その家庭に関わりがある人間しか入ることが出来ませんでしたが、永代供養墓の場合には、何の関わりもない他人と一緒に埋葬されることになります。
こういった特徴があることから合祀墓と呼ばれたり、共同墓、集合墓、合葬式納骨堂などといった永代供養墓とは違った名前で呼ばれることも多いタイプのお墓です。
宗教や宗派によっても、様々な呼び方がありますが、管理や供養を代理で行ってくれるようなシステムであり、一家庭専門のお墓ではなく、他人と一緒に埋葬されるといったようなタイプのお墓は、すべて永代供養墓と考えて良いでしょう。

メリット

一般的なお墓と比べて、永代供養墓の特徴としては、やはり管理を自らが行う必要がなく、自身が亡くなった後、継承者がいなくてもしっかりと弔ってもらえるという点は大きな特徴でしょう。
更にコスト的にもお墓を建てる必要がありませんから、料金が安く済むという特徴があります。
一般的に70万円から200万円というお墓を建てるコストがあるのに対して、永代供養墓の場合には30万から50万円程度で済むという低コストでの埋葬が出来るのも魅力です。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »