永代使用料って何?

お墓を建てる時に必要なコストは大きく分けて3つだとされています。

お墓を建てる際にかかるコスト

一つは墓石を建てるための、石を購入したり、加工をしたりといった墓石費用。
そして管理費と、永代使用料というものです。
この中でも分からないという意見が多いのは、永代使用料と言えるでしょう。
例えばマイホームを建てる場合でも、建築費用だけではすみませんよね。
まず家を建てるための土地を購入する必要があるわけです。
永代使用料とは、この土地代に当たるコストです。
マイホームの場合とは違い、お墓の場合には、お寺や霊園などの土地を購入し、自分のものに出来るというものではありません。
あくまでもお墓を建て、その土地を使用出来る権利を購入出来るというシステムになっています。
これが永代使用料というコストになるのです。
永代使用料はエリアによっての違いや、霊園なのか寺院墓地なのか。
他にも面積などの違いによっても変わってきます。
そして契約内容などの違いもあり、一度で済む場合と、継承者がいない場合には、○年で共同墓に移動されるといったような内容のものもありますから、しっかりと事前に確認しておきましょう。
これは一部の霊ですが首都圏の霊園の場合、一番小さい面積とされている0.30平方メートルといったスペースで永代使用料は38万円とされています。
同じく寺院墓地の場合では、0.36平方メートルの面積で永代使用料は80万円というところが相場になっており、墓石の購入費や施工料以外にも意外とまとまった金額が必要となることが多いことを覚えておきましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »