管理料って何?

管理費について

お墓を購入する際に必要なコストは、何も墓石代ばかりではありあません。
墓石の購入代はもちろんですが、その他にも土地の使用料に掛かる永代使用料が必要であり、毎年支払う必要がある管理費も必要になってきます。
永代使用料を支払っているのだから、管理料まで取るのは二重徴収ではないかと思われがちですが、永代使用料はあくまでも土地を使用して良い権利を購入するだけですから、勘違いをしないようにしましょう。
管理料は当然に霊園や寺院の掃除などをしてもらっているために、支払うべきコストになります。
墓地のスペースばかりではなく、様々な施設を有している霊園や寺院が近年では増加していますから、それらの施設の維持や管理に当てられるコストになりますから、覚えておきましょう。
この管理料のコストですが、相場としては年間で5000円から1万5000円程度となっています。
しかしながら、やはりアクセスの良さなどの立地の違いであったり、公営なのか民間なのかによっても価格帯は変わってきますから、しっかりと事前にチェックしておきましょう。
管理料に関しても永代使用料のように土地の広さによって、コストは変わってきます。
一般的には1平方メートル辺りでいくらという風に決められています。
ちなみに0.30平方メートルという霊園では9000円から1万1000円。
これが寺院墓地になると7000円前後といったコストになります。
ただ寺院墓地の場合には、お布施代が別途かかったりしますから、若干高めだと想像しておくとよいでしょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む